ギガフォトンの100%出資台湾現地法人が事業活動を開始

ギガフォトン株式会社(本社: 栃木県小山市、代表取締役社長: 都丸 仁)は、2011年10月に設立した100%出資の現地法人「ギガフォトン台湾」が、7月1日より事業活動を開始したと発表しました。ギガフォトンは台湾現地法人を通じて、露光装置メーカー各社と共に顧客となる半導体メーカーの新規開拓を積極的に展開するほか、台湾内のサービスサポート拠点を中心にギガフォトン社製半導体露光用エキシマレーザーのお客さまに対する、現地サポート体制の一層の強化に取り組みます。

ギガフォトンは、今までウシオ電機の現地法人USHIO TAIWAN, INC.を販売代理店として、台湾におけるギガフォトンのエキシマレーザー事業を展開してきました。2011年5月にウシオ電機からの株式譲渡により、ギガフォトンがコマツの100%出資企業となったことで、台湾事業もギガフォトンが直接行うことになりました。ギガフォトンは同年10月に100%出資の現地法人を設立し、今まで事業引き継ぎ作業を行なってまいりましたが、準備が整ったことから今年7月よりギガフォトン台湾が事業を始めることになったものです。

ギガフォトン台湾は、半導体製造業界における最重要拠点のひとつと位置づけられる台湾で、日本の本社との緊密な体制を通して、迅速かつ最高水準のサービスサポート活動を展開する予定です。また、ギガフォトンのEUV開発を加速させるためには台湾半導体メーカーとの強固な関係構築が必要であり、ギガフォトン台湾はこれを実現していくための重要な役割を担うものと期待されています。

2012年5月に事業開始した韓国法人に引き続き、この度の台湾現地法人の事業開始をもって、ギガフォトンは、米国、ヨーロッパを含む世界の主要拠点すべてにおいて、現地法人事業を行うこととなりました。これにより、ギガフォトングループのグローパルサポート体制強化が可能となり、ギガフォトンのグローバル戦略が、大きく前進することになると確信しています。

ギガフォトン台湾の概要(2012年7月現在)

 商号: 極光先進雷射股份有限公司
 所在地: 新竹縣竹北市台元街30號 5樓之5
(5F-5, No.30, Taiyuan St. Zhubei City, Hsinchu Country 30288, Taiwan (R.O.C.))
 設立: 2011年10月21日
 事業開始: 2012年7月1日
 資本金: 4000万台湾ドル
 代表者: 董事長 香月裕
 事業内容: 半導体リソグラフィ用エキシマレーザーのサービスサポート、部品販売

 

###

ギガフォトン株式会社(http://www.gigaphoton.com)は2000年の設立以来、世界トップクラスの露光用エキシマレーザーメーカーとして、日本を含むアジア市場、欧米市場の大手半導体メーカー各社に製品が採用されています。また、次世代のリソグラフィ技術として注目されているEUV光源に関しても、ギガフォトンの革新的な独自技術「LPP EUV」ソリューションは、次世代デバイスの量産での低コスト化、高生産化を実現する技術として、世界中の半導体メーカーから高い注目を集めています。ギガフォトンは、世界一のリソグラフィ光源メーカーを目指し、研究開発から製造・顧客サポートに至るすべての分野で常に顧客の要求に最優先で取り組んでいます。

社名、ロゴは、株式会社ギガフォトンの商標です。記載内容は予告なしに変更される場合があります。ギガフォトンは、プレスリリースの記載内容が将来の諸事由で変更された場合、内容の更新または訂正発表する責任を持ちません。©2012 ギガフォトン

 

報道関係者お問合せ先
ギガフォトン株式会社 経営企画部 住谷 明
TEL: 0285-28-8410
Email: akira_sumitani@gigaphoton.com

記事掲載時の連絡先
ギガフォトン株式会社 現法統括部 石塚 秋宏
TEL: 0285-28-8415
akihiro_ishizuka@gigaphoton.com
http://www.gigaphoton.com/