ギガフォトン社員、おきなわ技能五輪出場決定

2018年11月2日~5日に沖縄県で開催される、「第56回技能五輪全国大会(おきなわ技能五輪・アビリンピック2018)」の「工場電気設備職種」にギガフォトンの社員が、3年連続で栃木県代表として出場します。

出場者は、3年連続出場の

生産部製造1課 福田裕也(ふくだ ゆうや)選手 と

初出場となる、

生産部製造1課 風巻俊太(かざまき しゅんた)選手の2名です。

福田選手は昨年度、上記種目にて栃木県勢初の銅賞入賞を果たしており、今回栃木県選手団の旗手も務めます。

技能五輪とは、昭和38年より始まった、将来日本を支える技能者を育てることや「ものづくり」の大切さを知ってもらうことを目的とした大規模な競技会であり、対象となる23歳以下の若者が、全国から都道府県代表として集結し、42の職種で技能レベル日本一を競います。

ギガフォトン社員が出場する「工場電気設備職種」では全国より予選を勝ち抜いた精鋭19名が技を競い合います。

今大会は、2年に一度開催される技能五輪国際大会の派遣選手選考を兼ねており、ますます期待がかかる中、両選手はダブル入賞を目標に日々訓練に取り組んでいます。この1年間の訓練の成果が発揮できるよう、代表選手2人への皆様の応援をよろしくお願い致します。

 

 

       <福田選手>            <風巻選手>